積極的に葉酸を摂取して健康を保つ|妊娠中の食生活も大切

女性と乳児
このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠中の食生活

カップル

妊婦の食事は、つわりの時は無理して食べない、妊娠中期には食物繊維、後期には鉄分を意識して摂るようにしましょう。特に妊娠中は便秘をしやすいので、食物繊維は不可欠です。また火を通さない魚や肉、生卵は避け、香辛料を使った食事やインスタント食品、お酒も程々にして、コーヒーはカフェインレスがお勧めです。

もっと詳しく

妊婦に必要不可欠な栄養

妊婦

食事だけでは足りない

葉酸は、妊娠期間中の栄養として人気になっている成分です。今までは鉄分やカルシウムが必要不可欠とされていましたが、それに加え葉酸が女性の間で注目されています。葉物に多く含まれる他、豆類やレバーなどにも含まれています。血液を作るのに大事な成分で、妊娠中には通常の倍は摂取する必要があるのです。妊娠中に摂取することで、貧血や妊娠中毒症の改善が望めます。最近では、サプリメントで葉酸を摂取することが出来ます。もちろん普段の食事だけで摂取するのが理想です。しかし、葉酸は加熱に弱いため本来の量を摂取は出来ません。野菜を茹でたりするだけで、成分の半分は消えてしまうのです。普段の食事にプラスしてサプリメントを飲めば、無理なく必要最低限の量を摂ることが出来るのです。

あらゆる問題を改善する

葉酸は妊娠中に摂取することで、あらゆる問題を改善してくれます。まず、妊娠初期には赤ちゃんの先天異常のリスクから守ります。妊娠中には、赤ちゃんの栄養不足も回避でき、妊婦さん自体の貧血や、鉄分不足による氷食症を改善出来るのです。妊婦でサプリメントを飲むのは気が引けるかもしれませんが、最近では妊婦用のサプリメントも発売されています。無添加のタイプもあるので、自分に合った製品選びが重要です。錠剤のタイプが多く、つわりを軽減するビタミンB6が配合されているものもあります。なかなか食欲も出ない時期でも、葉酸を摂取出来るのです。普段の食事にも気を使い、サプリメントで補うことで、より健康的な妊娠生活を送ることが出来ます。

関連リンク

  • 葉酸サプリランキング

    葉酸は妊娠している女性には欠かすことのできない栄養成分です。元気な赤ちゃんを産むためにも積極的に摂取しましょう。

妊娠したら見直したいもの

女医と患者

妊娠中の食生活は、一日三食バランスのいい食事を摂ることです。味付けは薄味にし、むくみや妊娠高血圧症候群に気を付けるようにします。また、葉酸を含むほうれん草やブロッコリーを積極的に摂取しましょう。あまり神経質になり過ぎるとストレスが溜まるので、自分に出来ることから少しずつ変えていくようにしましょう。

もっと詳しく

丈夫な子供への足掛かり

看護師

不足しがちなミネラルを補給できるのがアクティブライフから販売されているマザマローです。マザマローは人の骨に近い牛骨が主原料となっているもの、その他の原料にもこだわっているので妊娠中の方も安心して飲むことができます。

もっと詳しく